亜鉛が足りないと知るコツ

亜鉛が足りないと知るコツ

生理を基準にする:
亜鉛が女性ホルモンの生成、卵子の成熟にも必要だとわかっても、自分はどれだけ亜鉛が不足しているかはわかりにくいものです。ひとつのバロメーターとして知っておきたいのが、順調に生理がきているかどうかです。生理が遅れる、逆に早い、経血の量やお腹の痛みなどにも注意してみましょう。

 

生理痛は無いのが普通:
毎月のことだから生理痛があってもそのままという方もいるのではないでしょうか。生理痛は本来ないのが普通なのです。痛みが強ければ女性ホルモンのバランスが乱れていると判断できます。

 

ストレスを改善する:
第一にストレスは女性ホルモンの乱れに大敵ですから、できるだけ解消するよう心掛けてみましょう。ストレスはゼロにすることはできないため、溜めすぎないようにすれば大丈夫です。

 

食生活で亜鉛を心掛ける:
生理にトラブルが見られるなら女性ホルモンを作る素ともなる亜鉛を積極的に摂取しましょう。亜鉛は女性ホルモンを生成して卵子を育てるために利用されたり、子宮や卵巣の代謝にも使われています。亜鉛は必須ミネラルですから無くては正常なからだが作れ無いのです。

 

食事はバランスが重要:
亜鉛が多いからお肉ばかりという食生活より、バランスの良い食事がおすすめです。女性ホルモンに必要となるのは亜鉛だけではないからです。