30代40代の方も亜鉛

30代40代の方も亜鉛

現代女性こそ亜鉛が必要:
最近は女性の社会進出により、30代や40代になって初出産の方も少なくありません。この年齢でも十分妊娠や出産は可能です。ただし妊娠力を高めないと流産しやすい年齢でもあるため、できるだけ妊娠しやすい食生活を続けることをおすすめします。そのために必要となるのが亜鉛なのです。

 

卵子の老化を防ぐ:
30代や40代になると卵子の老化が気になるでしょう。卵巣の中には卵子の元となる細胞がありますが、年齢と共に数も減少し中には老化した細胞も生まれてきます。この細胞の老化を防ぐためには細胞分裂を促す亜鉛がおすすめです。

 

活性酸素を防ぐ亜鉛:
質のよい卵子を育てるためには老化の原因となる活性酸素をどれだけ減らすかにかかっています。現代社会ではストレスや大気汚染、食品添加物などで活性酸素が多く発生します。女性も社会進出に伴いストレスを受ける人も多くなり、30代や40代になってはじめて妊娠力が無いことに気が付く人もいます。活性酸素は老化の元ですから、亜鉛の酵素を助ける働きで取り除くようにしましょう。

 

妊娠力は食事で付ける:
30代や40代になっても健康な妊娠ができている人はバランスの良い食事を心掛けている人が多くなっています。亜鉛はお肉や魚以外にもいろいろな食品に含まれています。